背中ニキビができるメカニズムについて

ニキビの原因はアクネ桿菌という、毛穴に住む菌の増殖が原因で発症すると言われています。
毛穴からは汗とともに余分な脂肪を出す作用があり、皮膚の汚れにより、皮膚表面に膜が張り毛穴を塞ぐと皮脂が毛穴の中に詰まった皮脂が酸化してそれを餌としてアクネ桿菌が増殖すると、皮膚に炎症を引き起こし、毛穴の中で化膿してニキビが出来るというメカニズムとなります。

 
背中には首から下に背中の中心部分まで背骨に沿って皮脂腺が集中しています。
汗をかくことで、皮脂の分泌が促されます。
背中の汗を放置しておくことで、菌が増殖し背中ニキビの出来やすい環境を作ります。
また、近年若い世代で朝のシャワーのみで、夜に入浴をしない人が多いことが原因となっています。
湯船にしっかりと浸かることで毛穴を広げ、皮脂を出やすくします。
シャワーだけの場合、背中の毛穴がしっかりと開くことなく、また、その後のシャンプーをし、シャンプー剤が背中を流れてその洗い残し成分が毛穴から逆に浸透し毛穴の中で増殖して背中ニキビへと発展します。
とくに、シャンプー後のリンスやコンディショナーなどの洗い残しが背中ニキビを作ることとなるのです。
また、女性は下着の締め付けなどで背中ニキビになりやすいとも言えるでしょう。