原因になる食べ物について

背中ニキビはシャンプーやリンスの洗い残しとも言われています。確かにそれは大きな要因の一つですが、実は食べ物が原因していることも多いのです。そこで、背中ニキビの原因となりやすい食べ物をいくつかご紹介します。

 
まずは油分です。油を大量に摂取すると皮脂の分泌が過剰になります。また、糖分もいけません。糖分を摂り過ぎると血液がドロドロになります。すると免疫力が低下し、ニキビが悪化したり、治りにくくなってしまうのです。白砂糖よりは黒砂糖の方が良いと言われているので、コーヒーや紅茶などに使用する砂糖を、黒砂糖に変えるだけでも効果があります。

 
このように油と糖分がニキビによくないことは多くの知るところなのですが、もう一つ注意したい食べ物があります。それは香辛料です。唐辛子に含まれるカプサイシンは脂肪燃焼をサポートする効果があるともてはやされているので、積極的に摂っている人も多いかもしれません。ダイエットに関しては効果的なのですが、ニキビには良くないのです。というのは、香辛料は身体にとっては毒素です。そのため、体内に入ってくると何らかの形で排出されます。その手段としてはトイレで出すか皮膚から出すかなのです。どちらから出すかを自分でコントロールできないので、特にニキビができやすい人は後者のタイプであるのでしょう。そのため、香辛料の使用は控えた方がいいのです。